《エロ同人CG》連休明けに登校すると見慣れた学園が女子生徒を原料にしたオナホ作成工場になっていたのだが、、、

連休明けに登校すると見慣れた学園が女子生徒を原料にしたオナホ作成工場になっていたのだが、、、

サークル:フリテン堂(仮)
配信日:2019/02/27
販売数:7,820
あらすじ:俺の祖父は自分のことを魔法使いと自称する地元でも有名な変人だ。そんな祖父に「学校に行きたくない」なんて相談をしたのは我ながら疲れていたのだろう。別に虐められて学校に行きたくないなどの深刻な悩みなどはなく、連休明けでやる気が出なかっただけであって、疲れていたのも連休中徹夜でネットゲームをしていただけだったのだが。翌朝の登校前、祖父から珍しく声を掛けられ一台のスマホを押し付けられた。なんでも「今どきの魔法使いは杖の代わりにスマホを使う、」のだと。「学校に着くと自動で魔法が発動する」などと訳が分からないことを言っていたが、遅刻しそうだったこともあり祖父の戯言は適当に聞き流し、連休明け特有の憂鬱な気分のまま登校したのだが。見慣れたはずの学園は女子生徒を原料にしたオナホ育成工場になっていた…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です